北海道興農社通販サイトリニューアル【①私達の役割】

はじめまして北海道興農社の奥野です。

この度、弊社通販サイトをリニューアルし、より一層楽しく!
北海道の魅力ある農産品のご紹介をしていきたいと思います。

新千歳空港をご利用の際は、ぜひ『wine&cheese北海道興農社』『HOKKAIDO FRUITS耕人舎』『Milk Stand』『Green Pockets』『HOKKAIDO CAFE』にお立ち寄りいただけますと幸いです。

▲『wine&cheese北海道興農社』

新千歳空港ターミナルビル2階(出発ロビーANA側)

『Wine&Cheese(ワイン&チーズ)北海道興農社』では、北海道産のワインとチーズだけでなく、ハム・ソーセージ・ベーコンなどの燻製品や、ワインのおつまみとなるような北海道素材を使用した珍味、グロッサリーなど多数ご用意しております。

 

HOKKAIDO FRUITS 耕人舎

▲『HOKKAIDO FRUITS耕人舎』(こうじんしゃ)

新千歳空港ターミナルビル2階 スイーツアベニュー(函館洋菓子スナッフルス様隣)

『HOKKAIDO FRUITS耕人舎』は2021年7月にオープンしたばかりの、北海道のフルーツにスポットライトをあてたお店となっております。

地球温暖化の影響により、北海道の気温も上昇しており、フルーツを育てる適温範囲になりつつあります。実際に、20年、30年前のお米と言えば魚沼産コシヒカリという認知が、今では北海道産のななつぼしが全国でも認知されるようになっており、同じような事がフルーツの世界でもおきようとしています。

弊社も、自社圃場にて、パッションフルーツの栽培をしていますし、バナナ、マンゴー、桃、といった暖かい産地のイメージがあるフルーツも北海道各地で栽培されています。

ワインのお話に戻ってしまいますが、北海道のオススメワインといえば、耐寒性の強い白ワイン用ぶどう品種を使用したものがよく取り上げられていますが、気温の上昇に伴い、北海道の赤ワインが世界でも注目される日は、遠くないと思われます。

しかし温暖化の影響を受け、北海道のフルーツ産地化が勢いを増しているといえど、全体レベルは発展途上中!

北海道のフルーツといえば?と質問されたとしても、認知されているのは、夕張メロンを筆頭に赤肉メロン、いちご、さくらんぼくらいでしょうか。

本州から北海道に移住した私の認知もその程度でした。

が、しかし!

心からお召し上がりいただきたいフルーツが、北海道にはたくさんあります。

特に6月後半から12月にかけて北海道はフルーツラッシュ!

ぜひ新千歳空港をご利用の際は「HOKKAIDO FRUITS耕人舎」に、お立ち寄りください。

 

冬シーズンは、北海道のフルーツを使用した加工品、主にジャム、フルーツソース、ドライフルーツ、フルーツティ、コンポート、フルーツをチョコレート、果実酒などをメインに、お土産やギフトにご利用いただける品々を、たくさんご用意しております。

HOKKAIDO FRUITS 耕人舎_加工品(グロッサリー)

▲蜂蜜も充実しております。

 

最後に、

SDGsの一貫として食品ロスをSAVEする為に、行き場のなくしたフルーツ達が、職人さんの手によって加工品となって生まれ変わり、お客様に購入していただける事によって、生産者様(農家)の助けになります。

農業は気候に左右される為、弊社も農家としてその怖さを抱えながら従事しております。またテナントショップの役割である、生産者様の苦労、こだわり、理念や想いなど、できる限りお客様にお伝えし、その魅力ある農産品がしっかりと伝わるよう努力して参りたいと思います。

 

本日はここまでとさせていただきます。

『Milk Stand』『Green Pockets』『HOKKAIDO CAFE』についても近日ご紹介させていただきます。