私達の役割②〜Milk Stand〜|北海道興農社オンラインショップ

はじめまして、いつも応援していただきありがとうございます!

入社3年目の高山が、「Milk Stand(ミルクスタンド)北海道興農社」のご紹介をさせていただきます。

「Milk Stand北海道興農社」は2020年2月 新千歳空港出発ロビー2階JAL側にオープンした、道内各地の牧場牛乳を『牧場直送』で取り扱っているお店です。現在は約17ヶ所の牧場直送牛乳を中心に販売しております。

新千歳空港ミルクスタンド北海道興農社

皆さん、牛乳はお好きですか?

近年、全国的に牛乳の消費量は年々減少気味となっております。

皆さん、いつどんな時に牛乳を飲みますか?

朝食の1杯?あるいは就寝前の1杯?牛乳を飲む機会ってよくよく考えてみると朝か夜か?と、いうようにあまり飲む機会が無いものだと感じます。それならもっと牛乳が飲める機会を増やさないと!

そんな気持ちからオープンに至りました。

新千歳空港ミルクスタンド北海道興農社 

▲道内各地の牛乳が勢ぞろい(バター、プリンなども)

 

新千歳空港ミルクスタンド北海道興農社

▲こちらは、お子様にも大人気なヨーグルトが勢ぞろい!

 

○牛乳の違いってわかりますか??

皆さんは、意図して牛乳を飲んでいますか?牛乳を飲む理由を聞くと、僕の周りで1番多いのは「カルシウムを摂るため」「背が高くなりたいから!」など、中には「考えた事がないからわからない」「朝は牛乳って感じ!」

つまり、牛乳のここが好きなんです!と、あまり聞く事はないです。

そこで僭越ながら、牛乳について少しお話させていただきたいと思います。

 

○牛乳の個性はすごいです!

牛乳は様々な要因から味が大きく変わっていきます。例えば、季節、品種、殺菌温度、加工方法…、上げていくとキリがなく、牧場それぞれの牛乳に1つ1つ個性があります。

 

本日は牛さんの気持ちになってお話します。笑

『も〜〜〜〜〜〜〜っ!』

と、言っているように、ほんとに牛さん達は暑さに弱くイライラしてます。笑

牛さん達は、秋から冬の季節が1番大好きなのです。

このストレスフリーの時期に、穀物飼料や干し草をたっぷり食べると、お乳の乳脂肪分が高くなり、濃厚でより一層甘みを感じるような牛乳になります。

美味しいお乳の生産量も増えます!

ほんとに、今が1年で1番美味しい時期ではないでしょうか。

 

逆に、春から夏にかけては青草を食べ、たくさんの水分を摂るため、さっぱりして、どこか青草の香りを感じるような(青々とした大草原を連想させてくれる笑)味わいの乳を出します。

 

また、日本で1番の飼育数を誇る『ホルスタイン種』と、濃厚で甘みの強いゴールデンミルクとも呼ばれる乳を出す、『ジャージー種』、日本に数千頭しかいないと言われ、コク深く、濃厚な乳を出す『ブラウンスイス種』など、牛さんの種類によっても味が違うと言われてます。

 Milk Standでは、全種類お取扱いさせていただいております。

新千歳空港ミルクスタンド北海道興農社

 ▲飲み比べしませんか?

 

皆様、新千歳空港へお越しの際は、ぜひMilk Standへお立ち寄りください。

お客様からも、「牛乳が苦手だったが○○牧場さんの牛乳は飲めた」「いつもの牛乳と全然味が違う!」「牛乳の世界観が変わった!」など、嬉しいお言葉も頂いております。

本当に、ありがとうございます!

 

そして、牛乳の製造工程における加工技術の観点で言いますと、脂肪球を砕かず、生乳に近い味わいを楽しめる「ノンホモ加工」と、脂肪球を砕き、飲み始めから、最後まで均一な味わいを楽しめる「ホモジナイズ加工」という加工技術があります。

この加工技術による味の違いについてはまた後日、もっと詳しくご紹介できればと思います。

 

私達の役割と題して、本日は高山がブログを書かせていただきましたが、新千歳空港で新鮮な牧場直送牛乳を、お召し上がりいただくだけではなく、「牧場へ訪問してみたい」「むしろ牧場で飲んでみたい」そう思っていただけるよう、牧場の魅力、商品のこだわりなど、しっかりお伝えしていかなければいけないと思っております。


牛乳以外にも、2週間に一回のペースで変わる、各牧場さんのソフトクリーム(2週間はあくまで目安です)や、飲むヨーグルト、バター、グロッサリー等も販売しております。


新千歳空港でお待ちしております!

ありがとうございました!